リソース 導入事例 キンバリークラーク

導入事例

キンバリークラーク


概要

キンバリークラークは革新的な成長のためにアイデアを出し合うMini Jamの際にSaba Cloudを活用しました。Saba Cloudは担当者が細かく設定しやすいので、豊富な機能も活用してソーシャル上のディスカッションの進行をスムーズに行うことができました。

背景・課題

キンバリークラークは2022年に創立150周年を迎えます。それにあたって、より効率的かつ効果的に、現在抱えている課題の打開策や将来の成功につながる画期的なアイデアをみつけ、そして長期的なビジョンを打ち出すために社員達のアイデアや議論を活用することにしました。社員が組織や地域の垣根を越えて一緒に取り組めるように、キンバリークラークはSaba の革新的なソーシャル・コラボレーション・ソリューションを選び、4日間かけてオンライン・ディスカッション「K-C150 Mini Jam」を行いました。

導入による成果

  • さまざまな地域/部署のリーダーが、オンライン・ディスカッションにリアルタイムでも非同期でも参加することができました。
  • 議題に沿って参加者が互いにアイデアを出したり、質問したり、時にはおすすめコンテンツを紹介することができました。
  • 多彩で修正しやすいプロフィール、グループ、ディスカッション・フォーラム、アイデア投稿といったソーシャル機能を利用することでブレインストーミングやコラボレーションの履歴を遡ったり、有効化したりすることができました。
  • 社員を参加させたり、鼓舞したりするだけでなく、自分が出したアイデアが広まって役に立ち、貢献が評価されたことが本人にもわかるようにすることができました。
  • 組織に大きな利益をもたらすかもしれない実践的なアイデアやヒントを得ることができました。

ダウンロードできる資料

キンバリークラーク

Saba Cloudは担当者が細かく設定しやすいので、豊富な機能も活用してソーシャル上のディスカッションの進行をスムーズに行うことができました。

キンバリークラーク

Saba Cloudは担当者が細かく設定しやすいので、豊富な機能も活用してソーシャル上のディスカッションの進行をスムーズに行うことができました。

キンバリークラーク

Saba Cloudは担当者が細かく設定しやすいので、豊富な機能も活用してソーシャル上のディスカッションの進行をスムーズに行うことができました。


業種:

製造業


使いやすくなったタレントマネジメントシステム まずはあなたが体験してみましょう

お問い合わせ