導入事例

ヒューストン市


概要

新たなビジネス施策やテクノロジーソリューションのトレンドは民間企業が作り、官公庁はそれに続くのが通例ですが、米国ヒューストン市は違います。同市は現在、Sabaの革新的かつ包括的なタレントマネジメント手法を導入し、全職員を対象にした先進的な人財管理プログラム「HEAR」を開発しました。 ヒューストン市が人財管理全体に対して取り組んだ結果、職員の能率や仕事に対する熱意を高め、歳入を増やすことに成功した、その中身を紹介します。

背景・課題

22もの部署を持つヒューストン市が直面した課題は、人財関連プロセスの数の多さと複雑さでした。一貫性がなく、時に非効率的で、上司と部下の間の煩雑なコミュニケーションを伴うものだったのです。また、ヒューストン市では一部の部署で職員の約30%にあたる中間管理職者が定年を迎える時期に来ていました。

導入による成果

  • 市職員がより積極的な姿勢を見せ、市の目標を理解して業務にあたるようになりました
  • 市全体で職員の生産性が向上しました
  • 歳入(税や手数料)の増加と人件費の削減(離職者数の減少)により、280%のROIを達成しました。

ダウンロードできる資料

ヒューストン市

新たなビジネス施策やテクノロジーソリューションのトレンドは民間企業が作り、官公庁はそれに続くのが通例ですが、米国ヒューストン市は違います。同市は現在、Sabaの革新的かつ包括的なタレントマネジメント手法を導入し、全職員を対象にした先進的な人財管理プログラム「HEAR」を開発しました。ヒューストン市が人財管理全体に対して取り組んだ結果、職員の能率や仕事に対する熱意を高め、歳入を増やすことに成功した、その中身を紹介します。

ヒューストン市

新たなビジネス施策やテクノロジーソリューションのトレンドは民間企業が作り、官公庁はそれに続くのが通例ですが、米国ヒューストン市は違います。同市は現在、Sabaの革新的かつ包括的なタレントマネジメント手法を導入し、全職員を対象にした先進的な人財管理プログラム「HEAR」を開発しました。ヒューストン市が人財管理全体に対して取り組んだ結果、職員の能率や仕事に対する熱意を高め、歳入を増やすことに成功した、その中身を紹介します。

ヒューストン市

新たなビジネス施策やテクノロジーソリューションのトレンドは民間企業が作り、官公庁はそれに続くのが通例ですが、米国ヒューストン市は違います。同市は現在、Sabaの革新的かつ包括的なタレントマネジメント手法を導入し、全職員を対象にした先進的な人財管理プログラム「HEAR」を開発しました。ヒューストン市が人財管理全体に対して取り組んだ結果、職員の能率や仕事に対する熱意を高め、歳入を増やすことに成功した、その中身を紹介します。


業種:

公的機関


使いやすくなったタレントマネジメントシステム まずはあなたが体験してみましょう

お問い合わせ