概略資料 - 今こそ、人財育成を変革する時

何が新しくなり、何が変わるのか? 今日から取り組むべき5つの戦略

私たちの仕事を取り巻く環境は、以前とは大きく変わりました。この10年間で世界的な景気後退を経験する中で、グローバルなビジネス競争はますます激化し、テクノロジーはさらなる発展を遂げ、多くの先進国で労働人口が減少しています。しかし現在のところ、企業の就労環境はこれらの変化に十分対応できているとは言えません。世界中の企業がグローバリゼーションや労働人口の変化、技術の変遷に対応しつつ、社員の生産性やエンゲージメントを維持/向上し、ビジネス上の目標を達成するために苦心しています。

このような課題に対し、多くの企業が人財育成をソリューションとして考えています。これを実行するためには次の5つの戦略が求められています。

  • コラボレーション・ソーシャルラーニング:従来の集合研修やEラーニングの教育効果を高め、正しい方向性での知識の共有・深化を促進
  • モバイルラーニング:様々な教育プログラムやソーシャルを利用する利便性を改善し、いつでもどこでも学べる環境を実現
  • ユーザ投稿型コンテンツ:社員がソーシャル上に有益な情報を投稿し、ゲーミフィケーション等も取り入れた取り組みにより、エンゲージメントを向上
  • 人工知能:マシンラーニングアルゴリズムなどの人工知能の活用により、社員ひとりひとりの現状に最適化された学びを提供
  • クラウド:人財育成部門が本来行うべき、教育体系の整備・見直し、コンテンツの作成、受講状況の分析などにフォーカスするために、システム運用などのに要する業務を軽減

これらを取り入れた最新の人財育成は、社員のエンゲージメントの向上や離職率の低減はもちろん、より機敏で高いパフォーマンスを発揮する組織の構築をもけん引します。