顧客事例 - タイ国際航空

概要

タイ国際航空は、タイを代表する航空会社として、35ヵ国の75都市に就航しています。Sabaを利用したラーニングプログラムによって、高度な人財開発を行い、世界有数のキャリアとしての地位を維持しています。

ビジネスの課題

タイ国際航空では、パイロット向けにE-ラーニングを行っていましたが、これを拡張して、すべての従業員に対して同様のトレーニングを行いたいと考えていました。また、集合研修とバーチャルトレーニングの双方を、より効率的に管理する方法を模索していました。

ビジネス上のメリット

  • 一つのプラットフォーム上で、様々なラーニングを様々な形式で提供:バーチャルトレーニングおよび集合型トレーニングを、全従業員に対して実施
  • コースの通知と登録を効率化し、すべての従業員が、自身のラーニングの進捗状況を把握することが可能に
  • 資格の取得状況を効率的に把握し、航空業界のすべての安全基準を完全に充足
  • ラーニング管理の大幅な効率化と、大規模なコスト削減を全社的に達成
  • 業界標準に準拠したコンテンツ、データベース、ウェブサービス、コミュニケーション、コネクティビティ、そして安全性を実現